FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_0679_convert_20140414141655.jpg

今日は院長の4月のラジオ出演の日でした。
パーソナリティーの方が本村さんから原さんに変わられて当院としては
初めてのラジオです。
今月のテーマは「嚥下障害の原因への対策と総論」でした。
原因を大きく3つに分けてお話をしました。

①「腫瘍や膿瘍といった腫れ物やデキモトとその手術の後遺症」
  まだあまり知られていませんが、耳鼻科が得意とする「手術」による方法が
あります。
  代表として「嚥下機能改善手術」「誤嚥防止手術」「咽頭枠組み手術」
などがあります。
  詳しくは浜松市リハビリテーション病院リハビリテーション科えんげと声のセンター
で検索してみてください。


②「脳卒中・パーキンソン病・脊髄小脳変性症(SDC)・筋委縮性側索硬化症(ALS)
・認知症など」
 「内服薬の量と種類の見直し」と「訓練」の2つがあります。
 ただし、「訓練」には「間接訓練」と「直接訓練」があり、「間接訓練」は体操と姿勢とかの
訓練をいい、「直接訓練」とは実際に食べものを取りながらの訓練をいいます。
「直接訓練」には医師または歯科医師による嚥下 造影検査(VF)又は嚥下内視鏡(VE)による診断を要します。
 嚥下機能障害が認められる場合であれば、「医科」「歯科」どちらでも保険適用で検査できると思います。

③「老化によるものなど」
 
②と同様に訓練によるもの。
 つまり、「間接訓練」と「直接訓練」が基本です。
 なお、「喉頭挙上術」「輪状咽頭筋切除術」といった手術でタイミングの改善がはかれるケースもあると
考えられます。


では、今月のクイズです。
問題は
「総入れ歯は、はめたまま寝てはいけない」
○か×かです。
どうでしょうか?みなさんおわかりでしょうか?

今月のプレゼントは正解者1名様に当院オリジナルのボールペンとLEDライトです。
みなさん、答えを書いてFM東広島の「おしえて歯医者さん」コーナーへはがきかメールでご応募ください。
お待ちしております。
スポンサーサイト

【2014/04/14 14:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。