上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_0698_convert_20140630161620.jpg
今日は、いつもの「教えて歯医者さん!」の特別番組として
タカキヘルスケアフーズの三山社長さんと院長と私とパーソナリティーの原さんとで「食べ手、楽しむ」
というタイトルで放送してきました。
主には、タカキヘルスケアフーズさんの「らくらく食パン」について。
院長も私もこの「らくらく食パン」を初めて食べたときはすごくびっくりしました。
パンの形はそのまま(耳までしっかりあります)で、でも、スプーンで簡単にすくえるほど柔らかくて。。。
今までにない発想でした。
是非、このパンの存在をもっと多くの方に知っていただきたいと思い、今回のこの企画が生まれました。
今回は、このパンの誕生秘話なども知ることができ、試食もさせて頂きました。
パンは好きだけど、「窒息が怖いな」とか「パサパサして食べにくい」など、好きだけどなんとなく抵抗がある方などもっといろいろな方に食べて頂きたいと思います。
私個人的には、おやつ感覚で「プレーンとコーヒー牛乳味」、ご飯として「あっさり(コンソメ)味」がいいなと思いました。
トッピング次第ではどの味もおやつにも主食にもなり、いろんなアレンジができるのですごくいいと思います。
冷凍保存ができるのも魅力的ですね。
冷凍庫で約1年持つそうです。食べたい時に冷凍庫から出してレンジでチンして食べられる気軽さもいいと思います。

IMG_0699_convert_20140630161755.jpg

IMG_0716[1]_convert_20140630162635


IMG_0718_convert_20140630162411.jpg

タカキヘルスケアフーズの三山さん、今日は遠方から来ていただき本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

【2014/06/30 16:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
IMG_0697_convert_20140609153607.jpg

今日は、毎月恒例の院長のラジオ出演でした。
今月のテーマは
「嚥下障害への対策法について(後編)」です。
前回は「間接訓練」についてでした。
今回は「直接訓練」についてです。
「直接訓練」はあくまで「機能改善が目的の訓練」で「回復期」から「維持期の初期」に最も効果がある傾向があります。
まずは、主治医の許可を得たうえで、実施前に
1)体調が安定している
2)嚥下反射があること
3)リスク管理ができていること
4)口腔内が清潔であること
以上の4点を確認し、有資格者指導のもと行います。
用いる食品は、ゼリーやトロミ付きの液体を冷やして使います。
それらを実際に食べて頂きながら
1)姿勢のコントロール
2)嚥下動作の工夫
3)咀嚼
を見ていきます。

どの部分でどのような障害があるのか?どういったものなら安全に食べられるか?などを
診て、日々の訓練方法も考えていきます。
誤嚥のリスクがないことが重要になりますので訓練期間や回数は各患者さんに合わせて決めていきます。

先月のクイズですが、
「ベッドで食事後は、リラックスするのですぐに寝かすのがよい」
でした。
答えは
×です。
食事後、すぐに横になると胃から食べものが逆流する「胃食道逆流」で窒息や誤嚥のリスクが非常に高まり、
とても危険なので、最低でも30分経ってから横にしてあげてください。

最後に、来月のクイズです。
「パンはのどに詰まりやすいので高齢者は控えたほうがよい」
です。
さあ~、○か×かどちらでしょうか?
みなさん、どんどんクイズに応募してくださいね☆

後、今月の最後の月曜日6月30日は特別企画として
株式会社タカキヘルスケアフーズとゆかわ歯科クリニックのコラボ企画で1時間の放送予定です。
介護向けの「パン」についてお話がきけますよ。
是非、お聴き逃しなく☆

【2014/06/09 15:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。